「ゼルダの伝説・トワイライトプリンセス 」53回目が公開になり、

リンクとミドナはついに牘討寮こΝ瓩紡を踏み入れました。

 

やっとこのシーンにたどり着きました。
連載から丸4年。ラストランの入り口です。
自分の頚椎が持てば今年中、もしくは来年には完結するでしょう。あくまで見込みですが。

 

トワイライトプリンセスは、漫画化するのはかなり大変と覚悟して連載開始しましたが、描く内容の複雑さハードさはもちろん、連載中に介護、母の死や同時期に海外イベントラッシュ、仕事場を新設、編集部、編集者の変更による所在不明感、漫画を取り巻く背景の変化と対応、アシさん育成と大学客員教授と悲喜こもごも。正に働き盛り年齢を地で行く毎日でまるでジェットコースターのような試練の連続でしたがなんとか乗り切って来れました。

 

ラストの作画の大変さはハンパないだろうなーと今から身震いしてます😅

近頃何となく次の風を日々感じていて、幸せの定義が180度反転、自分の中で何か急激な変化を感じつつある中、ここ数年の嵐のような日々を振り返るのです。

 

 

いざ影の世界に行く直前に 自分の世界の月を眺め惜しむ

 

 

長く到達したいと願った世界に脚を踏み入れる直前に何を思うか…

静かな語りのみですが大切に描いたシーンです。

リンクの微妙な心の変化、ミドナの過去への贖罪の念は最後の闘いに向けて彼らの絆が試される意味もあるでしょう。

 

 

そして、単行本8巻が3月27日に発売!!

どうぞよろしくお願いします(^^)ノノ

 

 

最近フランス語版ソレイユの7巻献本が届きました。

Merci!

 

VIZの英語版、

Amazon USのベストセラーズ、アクション&アドベンチャー&グラフィックノベルズのカテゴリーで6巻が2位に上がってます☆

Thank you!!

 

左はノルマ社のスペイン語版。ノルマはバルセロナにあります。Gracias!

右はJ-popのイタリア語版。ミラノにある会社です。Grazie!

 

外出禁止令などで家の中から出られない少年少女たち、本を開いて想像の世界の旅に出てみよう^^ノ

今世界中が大変な時ですが、皆さんもどうか気をつけてお過ごしください。

 

写真の説明はありません。

「ゼルダの伝説・時のオカリナ」の連載が始まったのは1999年6月。

学年誌小学五・六年生でした。

2019年はゼルダ漫画を描き始めて20周年のアニバーサリーイヤーです。

20年間読み続けて下さった方も「トワプリ」から読んで下さってる方も、いつも応援ありがとうございます!

 

そして

連載中の「トワイライトプリンセス」最新7巻が8月26日に発売しました!

 

 

表紙、再び旅に向かうために装備をつけるリンクです。表情と光、雰囲気ともにお気に入り。

ダーク展開だった6巻からリンクがどうなったか

ぜひ読んで頂けたらと思います。

この展開が始まったのは去年の秋。スペインに向かう飛行機の中で必死で下絵を描いた時から一年近く描き続けてしまいました^^;

 

 

裏表紙はゼルダ姫。

この椅子に座って姫がやっていることとは??

 

筆の乗るままに任せて膨らませることが出来る今の環境は長編にはとても有り難いですが、長くても上下2巻だった「ゼルダ」漫画がなんともう7巻。果たして何巻になるのか…

毎月最終月曜日に更新中ですので最新話もぜひ!

 

ツイッターアカウントで20周年のプチセルフ祭りを企画中☆

 

 

 

以前より熱望されていたゼルダ漫画のデジタル配信が一斉に始まりまして、コロコロコミック公式から発表になりました!
20年前に描いた原稿ですが今も愛されていて嬉しいです。
コロコロのこの紹介文が当時の漫画を楽しみにしている子供達への紹介のされ方と同じで、なんか懐かしくて嬉しくなりました。当時の学年誌もそうでしたが、「漫画」じゃなくて「まんが」。
コロコロって男の子の聖域なんですよね。

明後日にアメリカでゼルダトワプリ5巻がようやく発売になります。
日本は7巻のカバーまわり作業が無事終わりました!

 

写真の説明はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:possible text that says 'ZELDA ELDA THE LEGEND OF 4 TWILIGHT PRINCESS AKIRA HIMEKAWA NORMA Editerial'

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人

 

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

 

 

2019年3月28日、ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス第6巻発売しました。

トワプリもいよいよ6巻まで来ました。

リンクの試練の巻です。マスターソードを手に入れたリンクに無意識の心の変化が生まれます。

自分との戦いであるダークリンクはその昔幼き頃に見たニセウルトラマンに通じるワクワクがありました。

己の陰りの心から現れたダークリンクとの戦い、そしてザントに敗北。

苦境に陥ったリンクはどうなる??


トワプリ連載も三年目で丁度一つの山場を描いていましたが無事に今日終えてホッとしてます。
ゼルダシリーズは過去何作も描いていますが、学年誌だった事もあり、今のような戦う勇者の描き込みに関してここまで掘ったのは初めてではないかしら?
これも長いスパンの連載だから可能になった事ですね!


これを描く時、実は長野が自分のドッペルゲンガーと会うという夢を見てとても怖かったと言ってましたが、今の所死んではおりませんw。そんな不気味な感じが出てたらいいんですけど😅
描いている時はただただ流れに沿って描いているつもりでしたが客観的にみたらやっぱり思った以上にダークファンダジーなんだとあらためて思いましたよ、トワプリ。

 

連載中の「ゼルダの伝説・トワイライトプリンセス 」最新5巻が8月26日に発売しました。

 

 

 

 

今回はゲームでもプレイした皆さんが印象に残っているでしょうザントがミドナに不気味に言い寄る場面から始まり、リンクがようやくマスターソードを抜いて砂漠の処刑場へ赴いて賢者と対面するまでが収まっています。

 

裏表紙イラストにあるゼルダ姫とミドナの少女時代の友情エピソードは姫川オリジナルですが、連載に入る前から考えていたもので任天堂さんとの事前打ち合わせでも提案させて頂いたものでした。そのあたりの裏側をニンドリさんからインタビューを受けてお話しさせて頂きました。国内では珍しく結構がっつり語っていますので、コミックスと合わせてぜひお読みください(*^^*)→〈ndw.jp〉

 

これからもトワプリ漫画の連載を応援どうぞよろしくお願いします!

 

「ゼルダの伝説・トワイライトプリンセス」最新4巻が12/27に発売されました!

ついに最後の黄昏の領域(トワイライト)へ〜そしてイリアとの再会…

そしてラルス王子とゾーラの里…エピソードミッチミチ濃密に入ってます。

(画像にAmazonのリンクあり)

 

 

今年は10月のNYコミコンにゲスト招待されてNYの任天堂直営ストアでサイン会をやらせて頂いたり、コミックス1巻(英語版)がアメリカAmazonの2017グラフィックノベルズのベスト20に選んで頂いたりと、ゼルダ人気の強いアメリカで大変実りの多い年となりました。本当にありがとうございました。

マンガワンでの連載は現在新章突入前の準備期間でお休みを頂いてますが、2月26日から再開の予定です。

2018年もどうか応援よろしくお願い致します!

 

連載中の「ゼルダの伝説・トワイライトプリンセス」1巻が、

 

アメリカAmazonのBest comics and graphic novels of 2017に選んでいただきました!!!

有難うございます!

↓ページリンク

Brst comics and graphic noveis of 2017

 

トワプリは日本はもちろんではありますが、

ゼルダは欧米で大変人気が強く、(ゼルダの)漫画も求められて再開したところがあり、海外の読者さんを意識して日々作画していますので、ここ2年間の大変な仕事が報われた瞬間です。良かったーーー!

 

ただいま連載はお休みいただいておりますが、裏側は再開に向けて鋭意準備中です。

 

そして単行本4巻が12月27日に発売になります。

後半戦も、そしてラストまで楽しんで頂ける様、来年も頑張ります。

 

 

漫画「トワイライトプリンセス」をいつも応援して下さる皆様、ほんとにありがとうございます。

先ほど最新31話が公開になりました。

 

ザントとようやく対面し、リンクの長い冒険の旅路も折り返し点。

ここまでが12月下旬発売予定の単行本4巻におさまります。

 

そして、ここで少しばかりお休みチャージをさせて頂くことになりました。

 

ここからがトワプリの大変な場面の連続です。光と影が益々入り乱れ、あのキャラとこのキャラはどうするとか色々と、本当にまだ色々とありますので。後半の物語構成のために時間を取り、そして体調も整えたりと。

心身をフラットに戻して、体力を溜めて、巨大な敵を前にしたクライマックスに向けて準備万端で再開したいと思います。

最近も一回飛ばしてお休みを頂いたので、体が不調なんじゃないかと、ご心配下さる方もいらっしゃると思うのですが…(ありがとうございます***)どうかご心配されませんよう。

最近疲労が溜まってるのは確かにあるのですが、長丁場のトワプリで色々と整えるためにインターバルを入れるとしたら、ここしかないですよね、と編集さんとも打ち合わせしまして。

 

再開時期が整いましたら、マンガワンの作品ページや、姫川のSNSなどで告知をしますので、今しばらくお待ちください。

 

12月の下旬クリスマスシーズンに最新4巻が発売になりますのでどうぞよろしくお願い致します。こちらでもまたお知らせします。

カバーも描き終わり、ただいま本文の校正作業の真っ最中ですが、読み返してるとリンクにもちょっとお休みあげたくなります…w

ハイラルを平和に戻すために勇者にはまだまだ頑張ってもらわなきゃーいけませんから^^

 

 

紀伊國屋書店さんが90周年とのことで、小学館通じて「ゼルダ」絵でお祝い色紙を描かせていただきました。

90年って凄いですね。紀伊國屋書店、姫川Nは学生の頃から新宿店によく行っておりましたがウン10年後アメリカの紀伊國屋書店さんから色紙を頼まれるとは、人生何が起きるかわかりません。

(画像にリンクあり)

 

海外の紀伊國屋書店さんといえば、2013年のUAE訪問〈ADIHEX〉の折に、ドバイ店でサイン会をやらせていただいた思い出。

記事こちら

 

Gold RingのPOPはまだ置いてあるのかな。

 

 

アメリカ店にも機会があったら行ってみたいですね。そういえばゼルダがまだ翻訳版が出ていなかった、小学館がなかなか出さなかった頃、「NYの紀伊國屋書店であなたのゼルダ漫画(原書)を買った。英語版は出ないのですか?」という英語のメールを何通も直接貰いました。今年10月にNYに行くので時間があったら寄りたいな。

 

紀伊國屋書店さんの益々のご発展をお祈りいたします!

新刊のお知らせです。

マンガワンで連載中の「ゼルダの伝説・トワイライトプリンセス」

3巻が5/26発売になりました!!

 

 

 

裏表紙は古の勇者様

 

 

ISBNコードです。

控えて、書店さんで注文する時にお使いください。

 

ゼルダ初の3巻越えシリーズのトワイライトプリンセス漫画。

約10年いろいろありました。

今までになく複雑な作画に苦戦しつつも感無量巻です。

今巻はカカリコ村〜オルディン大橋の一騎打ち、

森に迷ってから勇者リンクが猯つ瓩泙任諒語となっています。

リンク成分たっぷりです。

 

小学館ページ

Amazonページ

 

 

トワプリともあとどれ位のお付き合いになりますか…

残りを無事走り抜けられるよう頑張ります^_^

 

 

 

 

 

 

 

ゼルダの伝説、トワイライトプリンセスの第1巻英語版が日本発売から約一年遅れてアメリカで発売になりました!

 

 

トワプリ人気はアメリカでとても高いのでこちらも待ちわびた発売です。やっと単行本がお届け出来た。
出版社VIZ Mediaの元記事に沢山いいね、コメント頂いてるみたい。楽しんで頂けたら嬉しいです!

トワイライトプリンセス1巻紹介記事
米Amazonではアクション&アドベンチャーカテゴリで1位。ファンタジーカテゴリで3位、別のカテゴリでは2位ですが1〜3位をゼルダ関連が独占。(2011年発行のヒストリアがまだ3位!)ホントに強い。

ビッグタイトルと多くのファンを常に背中に感じているので、その一端の役割が果たせていればーーと願っております。
緊張するんですよ毎度!(^_^;)

ドンドン行って欲しいトワプリです☆

2017年2月21日は「ゼルダの伝説」ディスクシステムが発売からちょうど31年、つまりゼルダ誕生から31歳。

おめでとうございます!

 

 

初代リンク君はちょっと難しかったですが、シンプルなラインに少年のたくましさと健気さがにおって来ます。これがゼルダの原点。

“31年やってる”というとものすごく長く感じますが

“31歳”というとまだ若い感じがしませんか?w

 

そして、我々がゼルダに関わらせて頂いて19年です。

「時のオカリナ」からなので、自分の中では最近なような気がしてしまうのですが、ゼルダの歴史の3分の2をおつきあいしている事になります。そう考えると長いです。自分の人生の中でもとても長い時間を共に過ごしています。

 

この21日、31thアニバーサリーに「ブレスオブザワイルド」の特別CMがテレビで流れました。1分間の長いCM。

あと1週間弱でいよいよswitchが発売、秒読みです。

 

話題の東京駅の広告

 

 

 

いつもの経路にあるので嬉しい^^

 

世間はswitchと「ブレスオブザワイルド」で盛り上がってますが、

連載中の「トワイライトプリンセス」頑張ってます!

どうかお忘れなくw

 

いつも応援して下さる皆様ありがとうございます****

 

最新25話が公開中。

勇者リンク、ようやくエポナと再会出来ました!

 

 

 

最近日本では日々孤独に戦う勇者のような心境で連載中(笑)

 

北米でも3月14日にいよいよ単行本の1巻が発売されます。

楽しんでもらえるといいな。

トワプリの連載開始から一年が経ちました!

 

 

 

いつも応援して下さる皆さんのお陰です。

ほんとに有難うございます。

 

トワプリは絵も話も今までのゼルダで最もハードで何かと大変ですが

これからも頑張りますので、これからも更なる応援(贅沢!?w)

どうぞよろしくお願いします!

 

↓連載開始予告SNS用カット。

このシルエット絵が懐かしい

 

 

こちら海外仕様

 

今は着々と色んな国で単行本の翻訳が進んでいます。

世界中の皆さんに特に愛されたタイトルなので、

いつもプレッシャーは背負っていますが、出来るだけ自分も楽しみつつw

漫画として読んで楽しんで頂けるように頑張っております。

 

 

 

1月13日、有明ビッグサイトでNintendo Switch の発表会に行ってきました!

 

 

 

プレゼンはネットで同時配信されたので

ご覧になった方も沢山いらっしゃると思います。

 

 


その後体験会に参加、

ゼルダ期待の新作「ブレスオブザワイルド」を初めて触る事が出来ました。

いよいよですよ!

 

 

 


思った通り触っていて素晴らしく気持ちが良く、

どこか懐かしい風合に郷愁感を感じます。

肌にフィットする感じがとても心地良い。

会場でPV見てマジに言葉を失うくらいワクワク。

若い頃出会っていたこんなアニメーションに憧れていたのですが、

まさか今ゲームで出会う事が出来るとは!なんか素の自分を取り戻しますね!

 


 

翌日からの2日間は一般の方への無料体験で、激混みでしたね。

会場同時で定員に達してしまい、並べない人が続出のようでしたが、3月3日まで1ヶ月ちょっとだし、
発売が楽しみです!

 

熱い新作ですが私たちはただ今漫画連載中の「トワイライトプリンセス」の仕事はキチッと手を抜きません。ラストまでしっかり頑張ります。

ゼルダはその場の仕事ではない、この先も長い時間残る可能性のあるお仕事なので、責任持ってキチンと仕上げていきたいと思います。 と思いながらトワプリの絵柄は複雑で時間がかかっちゃいますねー(^_^;)

12月28日に「トワイライトプリンセス」第2巻が発売になりました!

早くも2巻です。

学年誌だとどんなに長くてもこの辺で終わりですが、

 

まだ続きます。

 

リンクの勇者としての成長はまだこれからこれからです。

 

発展途上の勇者を応援宜しくお願いします!!

 

 

 

 

 

 

まだご覧になっていない方は1.2巻合わせてこの機会にどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12・16NYタイムズ1位

アメリカNYタイムズのMangaベストセラーカテゴリー<←リンクあり>で

漫画版「ゼルダの伝説・時のオカリナ」完全版が6週間一位をキープしております。

 

アメリカの「ゼルダ」の人気を改めて知るというか。

10年も前に出版されたコミックの出し直しが6週間も一位ってすごい…;

アメリカのファンの皆さんありがとう!

 

 

ゼルダ30周年記念コンサート、ツアー最後の名古屋公演に行ってこれました^^

 

遠くから来てる人多かったなあ。

たくさんの感動をありがとう!

 

 

 

 

「4つの剣+」完全版が11月28日に発売しました。

 

 

 

 

姫川明のゼルダ漫画の中で一番好きと言って頂くことが割合多い「4剣」です。

4人+1のリンクのキャラの違いを楽しんでください☆

 

くニンドリ1月号に、完全版の巻末特集に入りきらなかった、青沼さん、中野さんと姫川の対談の出張版が載ってます。記事も充実!ぜひ完全版と併せて読んでみて下さい♪( ´▽`)

 

 

 

 

 

スペシャルページはゼルダプロデューサーの青沼さんとデザイナーの中野さんと私達で任天堂にて座談会記事。とても貴重な内容になっています。

 

ホントはあんまり顔出したくないんですが、もう任天堂さんと仕事したら顔出る事本当に多いので恥ずかしがってるのもみっともないというか失礼というか、慣れましたw。もう自分の顔に責任もたねばならんキャリアですね(^-^;)

 

中野さんとは以前にお会いはしてるんですが、こうした座談会は初めて。

お話しできてとてもよかったです。

公式絵の下絵をファイルに入れて持ってらして感動しちゃいました。

 

青沼さんとはよくお話する機会があったので「あれは」「これは」で話が通じちゃうみたいで、インタビュアーのSさんRさんが解らなくて記事起こしに後で苦労をしたらしいです(^w^;)

 

 

 

こちらは2004年の座談会。青沼さんが風格ついて凄く変わられました!

自分たちもいつの間にか本当に長く関わらせて頂いています。有り難いです。

 

漫画版を読んだ事がある人も、そうでない人もぜひ読んで欲しいです。 今まで語る機会がなかったゼルダ各巻の漫画の創作秘話や、任天堂さんと協力して作り上げた過程からこぼれるゲームとの繋がり方。テーマは漫画ですがそこから原作ゲームの制作過程が引き出される美味しい話が何気に出る出る。

 

ゼルダのアートワークを担当する方たちがどう考えてリンク始めゼルダ世界の絵、キャラを構築したのかを知れる機会はなかなかありません。貴重だと思います。ぜひご一読を!

 

18年漫画に携わりゼルダ30周年に漫画にもスポットを当てて今までのワークの一区切りをつけて頂けて大変嬉しいです。 皆リラックスしすぎて様々な思い出に満面の笑み写真が!本当に有難うございます。

 

いろいろあったなぁ、ホントに。。ε-(´∀`; )

 

 

1年前の絶望感を考えると本当によかったなぁ。、、。来月発売のトワプリ2巻も校了があと少し。そして次の作業が待っている。

 

「てんとう虫コミックス」の完全版5冊が出揃いました!

 

 

 

 

 

 

↓「トライフォース三銃士」が発売された時のラクガキですw