「ゼルダの伝説・トワイライトプリンセス 」53回目が公開になり、

リンクとミドナはついに牘討寮こΝ瓩紡を踏み入れました。

 

やっとこのシーンにたどり着きました。
連載から丸4年。ラストランの入り口です。
自分の頚椎が持てば今年中、もしくは来年には完結するでしょう。あくまで見込みですが。

 

トワイライトプリンセスは、漫画化するのはかなり大変と覚悟して連載開始しましたが、描く内容の複雑さハードさはもちろん、連載中に介護、母の死や同時期に海外イベントラッシュ、仕事場を新設、編集部、編集者の変更による所在不明感、漫画を取り巻く背景の変化と対応、アシさん育成と大学客員教授と悲喜こもごも。正に働き盛り年齢を地で行く毎日でまるでジェットコースターのような試練の連続でしたがなんとか乗り切って来れました。

 

ラストの作画の大変さはハンパないだろうなーと今から身震いしてます😅

近頃何となく次の風を日々感じていて、幸せの定義が180度反転、自分の中で何か急激な変化を感じつつある中、ここ数年の嵐のような日々を振り返るのです。

 

 

いざ影の世界に行く直前に 自分の世界の月を眺め惜しむ

 

 

長く到達したいと願った世界に脚を踏み入れる直前に何を思うか…

静かな語りのみですが大切に描いたシーンです。

リンクの微妙な心の変化、ミドナの過去への贖罪の念は最後の闘いに向けて彼らの絆が試される意味もあるでしょう。

 

 

そして、単行本8巻が3月27日に発売!!

どうぞよろしくお願いします(^^)ノノ

 

 

最近フランス語版ソレイユの7巻献本が届きました。

Merci!

 

VIZの英語版、

Amazon USのベストセラーズ、アクション&アドベンチャー&グラフィックノベルズのカテゴリーで6巻が2位に上がってます☆

Thank you!!

 

左はノルマ社のスペイン語版。ノルマはバルセロナにあります。Gracias!

右はJ-popのイタリア語版。ミラノにある会社です。Grazie!

 

外出禁止令などで家の中から出られない少年少女たち、本を開いて想像の世界の旅に出てみよう^^ノ

今世界中が大変な時ですが、皆さんもどうか気をつけてお過ごしください。

 

【「御書印」は人と書店を結ぶ印(しるし)です。

御書印店を訪れると、そこで書店員が選んだ本と偶然に出会うでしょう。

そしてあなたはこれまで知りえなかったことにふれるかもしれません。

御書印手帖の使い方は自由です。

書店で出会った本を書き留めたり、気に入った物語の一節を書き添えたり、

旅先の思い出をそっと綴じ込めたり。

さあ、御書印手帖を持って本と書店を巡る旅に出かけましょう】

 

 

上記は印の絵を依頼された時に頂いた企画書に添えられていた文章です。素敵な取り組みだなと思いました。

御書印プロジェクトについて詳しくははこちらへ➡御書印プロジェクト(公式)

 

 

project9bの縁が繋いで、那須ブックセンターさんの御書印を手がけました。もちろん九尾の狐で。

 

「可愛い系でお願いします」とのリクエストで、紙に鉛筆を滑らせて出て来たのは

 

この子でした。

 

 

元のイラストはこちらです^^

 

 

 

御書印帖、こんな感じになるそうです。

 

 

那須ブックセンターさんはこちら

 

栃木県那須郡那須町大字高久丙2-39

■場所 那須高原/広谷地近く那須中学前
/ホテルエピナール那須入口
■営業時間 9:30〜18:30
(日曜日/12:00〜17:00)
■定休日 毎週水曜日

 

 

那須を訪れた折にぜひ押してもらって下さい。私も御書印帖を携えて行ってみたいと思います。

TBSテレビ「世界ふしぎ発見」でアラビア語漫画「Gold Ring」が紹介されました!

 

クイズの答えになってたので放送終了まで言えませんでしたが、去年取材をお受けして色々情報提供させて頂きました。有難うございます!

 

ミステリーハンターとクイズを出題する原作者のセドキさんw

UAEの鷹狩り文化の普及を後押しした、日本お得意のあるものとは!?

 

黒柳さんさすがの正解!!

 

 

 

 

 

砂漠を背景にした鷹匠のシルエットは本当に美しいですね。

 

番組放送で初めてこの作品を知って頂いた方へ

「Gold Ring」はUAEドバイ人のカイス・セドキ氏の企画原案で姫川明輝(当時は姫川明)が漫画を描き、アラビア語で初めて発行された少年漫画単行本作品です。鷹狩りモチーフの競技(フィクション)で優勝を目指す少年サルタンとハヤブサ・マジュドの物語。2010年にUAEで最優秀児童文学賞を受賞しました。

詳細はこちら

 

 

日本ではネットで数年に一回話題に登り「日本語版はないの?」と言われるのですが日本語版はまだ発行されていないんです。

 

 

放送の特集はアブダビのハヤブサタイムレースに日本人の高校生が挑戦するというものでしたが、昔は狩猟のための鷹狩りだったけど今はスポーツになっていたり、ベドウィンが登場したりほとんど「Gold Ring」の世界まんまで(笑)

放送を観てリアルが漫画を超えてる!と思いました。

「Gold Ring」は2006年からのお付き合い。不思議な作品で過去定期的に様々な所で紹介して頂いてます。まだ未完なのでいつか完成させたいですね。

 

 

2013年にアブダビ乗馬狩猟展示会ADIHEXに参加した際のレポートを記事にしていますので、よろしければぜひご覧ください。

ご挨拶 その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7